田中整形外科

Orthopedic hospital

architecture   2022

医療行為としての待合

クリニックのなかで唯一医療行為の行き届かない場所、待合。
さまざまな心境の患者が集う待合をきっかけに、空間が医療と患者をつむぐ物語です。

Waiting as a medical
The waiting area is the only place in the clinic where medical care is not provided. The design process began with a consideration of the "waiting area" where patients of various mental states gather.

クリニックのなかで唯一医療行為の行き届かない場所、待合。さまざまな心境の患者が集う待合をきっかけに、空間が医療と患者をつむぐ物語です。

福岡市のベッドタウン、春日市に新規開業する整形外科の計画。敷地は、道路拡幅事業に伴い、2区画が病院エリアとなる一角にあり、隣接の内科と薬局が先行して建築されること、駐車場の配置と拡幅道路から敷地内への進入口も決まっていたこともあり、建ちかたは自然と固定されていきました。そのなかで所定の面積を確保することが求められ、特にリハビリ室は、建主の経験則から〇〇㎡以上必要、ということも計画を左右する条件でした。

クリニックの計画は、建築計画学的要素が強く、特に動線計画は患者と医療従事者をつむぐ、医療建築の要です。今回の整形外科では、「受付→待合→診療→待合→リハビリ→待合」の順に患者の動線がつながってゆきます。「診療」や「リハビリ」は、空間の豊かさもさることながら、医師と患者のコミュニケーションによって診察・治療がなされていくため、空間は、そのコミュニケーションを後押しする背景としての役割が強いと思いました。

ですが「待合」で診療を待っている時間を想像してみると、受付を済まし、診療に呼ばれるまでの間、病状によってはすこしの緊張とともに過ごすこともあるかもしれません。また、待合は在院中に何度も往来を重ねる場所でもあるにもかかわらず、大袈裟に言えば、クリニックのなかで唯一、医療行為の行き届かない場所、とも言えるでしょう。そこで、わたしたちは、さまざまな心境の患者が集う「待合」について考えることを設計のスタートとして、空間を通じて、医療と患者をつむぐ待合をご提案しました。

具体的には、敷地の不整形な台形の輪郭を沿うように2つのボリューム「診療エリア」と「リハビリエリア」を配置します。リハビリエリアは、外部に向かって演出的/広告的に開きたいスペースと、治療で肌を露出するために閉じたいスペースの両方を兼ねるように道路側へ置きます。診療エリアは、プライバシー保護の観点もあって閉じた空間になるため、道路に背を向けるように北側に配置しました。

所定の面積を包含した長方形のボリュームを敷地の輪郭に沿っておくと、ちょうどハの字に間口が開きました。その場を貫通するように、2つのエリアの緩衝帯として、待合を配置しました。断面的には、診療とリハビリの2つのエリアは、ウッドショックによる躯体量の削減もあって、必要気積を確保するに留めましたが、その反面、待合だけは空へ向かって背を伸ばし、細くて高い空間としました。空に向かって伸びた待合上方には、南側に面してハイサイドライトを設けます。さし込む光が診察エリアの背となる白い壁面を照らすとともに、地上部に光をやんわりと落としてくれます。落ちたその光は、床にバウンドして、リハビリエリアにも届くようガラスを用いて仕切り、縦横に光が溢れる空間としました。

インテリアも光を手綱に進めました。純白の壁と床を下地として、奥まった場所にはステンレスの家具を配置したりと、その光沢が光を拡散させるように計らいました。また、春日市の色であり、医療器具に多く用いられるミントグリーンと、その補色としての朱色をアイキャッチに施し、建築と備品を馴染ませる色彩計画を加えていきました。それぞれの診察室入口の上部には、天井からおおきな数字のすがたをしたヒンメリがサインがわりにぶら下がります。天井のシーリングファンの微かな気流に呼応して、かすかに揺れ動くヒンメリもまた、凪ぐ海辺のように、気持ちを和ませてくれます。

日常とは異なるスケール感でおおらかな気積をもち、あかるくやわらかな外光の降り注ぐ待合が、クリニックの医療行為のひとつとなることを願っての設計でした。きっと幾ばくかの不安や緊張とともに訪れるであろうクリニックで、医療と患者をつむぎ、たまゆらのひとときを過ごせるクリニックをめざしました。

Waiting as a Medical Practice

This is a plan for a new orthopedic surgery center to be opened in Kasuga City, a bedroom town of Fukuoka City. The site was approved for development in conjunction with the city’s road widening project, and is located in a corner where two lots will be used as a hospital area. The building layout was naturally fixed, as the adjacent internal medicine department and pharmacy were to be built in advance, and the parking lot layout and the entrance to the site from the widened road had already been decided. The plan was also influenced by the fact that the rehabilitation room, in particular, needed to be at least 100 square meters in area, based on the owner’s experience.

In the planning of a clinic, architectural planning is a key element of medical architecture, especially flow line planning, which connects patients and medical staff. In this orthopedic surgery clinic, the flow of patients is connected in the order of “waiting,” “treatment,” and “rehabilitation. In addition to the richness of the space, the “examination” and “rehabilitation” areas are used as a background to facilitate communication between the doctor and the patient, as the examination and treatment are carried out through communication between the doctor and the patient. Imagine, however, the time you spend waiting for medical treatment in a “waiting area. You are visiting a clinic for the first time. You may feel a little nervous after you have checked in and before you are called to see a doctor. To put it bluntly, the waiting area is the only part of the clinic where medical care is not provided.

Therefore, we started our design by considering the “waiting area” where patients of various mental states gather.
Specifically, we placed two volumes along the irregular trapezoidal contours of the site. A waiting area was placed in the center of the two volumes as a buffer zone between the two areas. Next, the waiting area was made as tall as possible with a high ceiling. High sidelights were placed on the south side of the building to allow light to penetrate the white wall behind the examination area and to diffuse light to the ground level. To allow this light to reach the rehabilitation area, which cannot have windows (skin may be exposed for treatment, and some equipment cannot have windows), glass was used to partition the area. As a result, the waiting area and rehabilitation area are visually continuous and flooded with light in all directions. The interior also relies on light, with pure white walls and floors as a base, and stainless steel furniture in the back areas to diffuse light with its luster. Mint green, the color of Kasuga City and used for medical equipment, was used to blend in with the architecture and furnishings. The complementary color of vermilion was used as an eye-catcher, creating an interior that is both cool and warm.

The waiting area, which has a generous air and is bathed in bright, soft light, will surely become one of the medical practices of this clinic. We aimed to create a clinic with a waiting area where medical care and patients can connect, and where they can spend a moment of “tamayura” (a moment of peace and tranquility).

data

タイトル
田中整形外科
建主
株式会社いわもと開発/田中整形外科
計画地
春日市
種別
新築
主要用途
無床の診療所
規模構造
木造2階建
敷地面積
785.82㎡
延床面積
372.50㎡
施工
株式会社いわもと開発
協力
サイン/グラフィック (ブルームーンデザイン事務所)
植栽 (モモノキ)
カーテン (enhanz)
照明 (モデュレックス)
写真
生熊 智
title
Orthopedic hospital
client
Iwamoto Kaihatsu Co./Tanaka orthopedic clinic
site
Kasuga City
type
new construction
program
clinic
scale
Wooden 2F
site area
785.82㎡
floor area
372.50㎡
builders
Iwamoto Kaihatsu Co.
partner
Signs/Graphics design (bluemoon design office)
garden design (momonoki)
curtains design (enhanz)
lignting design (Modulex)
photo
ikuma satoshi

others

portfolio list