高取のリノベーション

renovation of TAKATORI

renovation   2015

おおきな障子

マンションの1住戸の改修である。集合住宅の規約上、変えることのできない外部サッシは、年代の経ったマンションの場合、その多くは見てくれも断熱性もよくなく、インテリアとしても手がつけにくい。そこでインナーサッシとして、2枚の引き違い窓をおおきな障子で覆って、光がぼんやりと透過するような開口部をつくった。しつらえを向上を図るとともに、居室の断熱性を高め、開口部の処理についてのひとつの解答とした。実際は2枚の引き違い障子であるが、枠と桟の見附を可能な限り華奢で同寸法とすることで、おおきな1枚の障子に見えるようにし、静謐さを演出した。

data

タイトル
高取のリノベーション
建主
照栄建設Doop事業部
計画地
福岡市早良区
種別
改修
主要用途
住居
規模構造
RC5階建
敷地面積
-
延床面積
65㎡
施工
照栄建設Doop事業部
写真
koma
title
renovation of TAKATORI
client
Doop
site
Fukuoka city
type
Renovation
program
house
scale
RC 5F
site area
-
floor area
65㎡
builders
Doop
photo
koma

others

portfolio list