筑後の整骨院

clinic in Chikugo

interior renovation   2020

stretch the light

筑後市のロードサイドに面した平屋のテナントにちいさな整骨院の計画を行なった。計画エリアには、多面に採光窓が用意されていたが、鉄骨造で10m角の無柱空間のため、外壁側は明るいが中央部分まで光が届かず、輪郭だけが明るく照らされたような室内であった。また、施主は木の色味を生かした、やわらかなインテリアを要望されていた。

そこで、施主のイメージを素材としながら、曲げベニヤによるおおきな家具のような壁面を縦横無尽に配した。保健所の指導を遵守しながら、天井まで伸びる壁は最小限の高さとして、ワンルームに近い状態とした。床と天井は白く仕立てることで、できるかぎり光が中央まで挿すようなインテリアとした。その結果、外壁に面して配置された施術スペースも窓からの日差しを浴びて、光に満ち溢れ、光の表裏のない室内空間となった。

やわらかな光ののびる待合で、施術までのゆたかな時間を過ごしてもらいたいを願っている。

data

タイトル
筑後の整骨院
計画地
筑後市
種別
内装
主要用途
整骨院
規模構造
鉄骨造
敷地面積
-
延床面積
100㎡
協力
ロゴデザイン (野中優介)
写真
Atelier koma
title
clinic in Chikugo
site
chikugo city
type
intelior
program
osteopathic clinic
scale
S
site area
-
floor area
100㎡
partner
logodesign (nonaka yusuke)
photo
Atelier koma

others

portfolio list