light and dark/給食室

light and dark/lunch room

interior renovation   2021

光と闇。建築における普遍的なテーマを廃校の課題に沿って、つむいだ物語。

I am interested in making light and scenery look naturally beautiful. Renovation of an abandoned school that faces various challenges in a rural area. We tried to design the darkness against the issues of attracting visitors/septic tank/cost/ of operating an abandoned school.

光と闇。建築における普遍的なテーマを廃校の課題に沿って、つむいだ物語。

廃校の課題

少子化に伴い、全国で毎年数百の廃校施設が生まれています。廃校は貴重な財産なので、地域の実情やニーズを汲みとり、有効活用していくことが求められていますが、改修、そして運営には、法律をはじめ、地方ならではのさまざまな課題を抱えています。ここでは、廃校運営の課題である「集客」「浄化槽」「コスト」に空間で挑みました。

いいかねpalette

母体となる【いいかねpalette】のある田川市は、筑豊炭田の中心地として栄え、代表が生まれ育った故郷でもあります。最盛期には10万人いた人口は、現在その半数となり、結果、廃校も増えました。そんな田川市に位置する、いいかねpalette の前身は2014年に近隣の中学校との統合により廃校となった旧猪位金(いいかね)小学校。廃校のままでは年間約300万円の維持管理費がかかるにも関わらず、生産性のある活動がなされないまま放置されていました。2016年、国の地方創生補助金/芸術企業支援事業を利用した田川市のプロポーザルを経て1期工事が行われ、音楽施設をメイン(プロポーザルの与件としてレコーディングスタジオなどをつくることがありました)とした、宿泊機能やワーキングスペースをもつ多機能型の交流施設へと改修しました。1期工事では、約2500万円の改修費を得ましたが、そのほとんどが法整備と、求められた音楽用途の空間にあてられ、8割は未改修のまま、おおきな余白を残しながら開業したこの場所は【いいかねpalette】と名付けられ、田川の未来のための土台となりました。

いいかねpalette

施設の課題「距離と集客、飲食店」

開業後から4年が経ち、余白は旧校舎というスケールメリットを生かしたイベントスペースとして、音楽フェスや野外映画鑑賞など、多目的な会場に利用されてきました。また、レコーディングスタジオに併設してつくったコントロールルームは、人気ポッドキャスト「コテンラジオ」の収録場所として使用されており、その聖地巡礼として遠方から訪れるコアなファンも増えてきました。イベントや限定的な目的のためであれば、収益化するようになりましたが、ここ田川は、福岡市や北九州市から車で1.5時間ほどの「わざわざ来る」距離にあり、公共交通の利便性もよくありません。もっと日常的に訪れる理由と、地域住民の日常的な施設利用が必要でした。多方面からの想いが相まって、もともと欲しかったフラッグシップとなる飲食施設の計画が始まりました。

廃校の課題「浄化槽」

廃校の約8割は浄化槽をもち、本施設も例外ではありません。浄化槽の人槽計算上、小学校は「定員」に比例します。当時設置された浄化槽は、建物規模にしては非常に小さく、1期工事で設置された宿泊機能でほぼその人槽を使い果たしていました。飲食店を計画する場合、人槽計算は店舗の「延床面積」に比例するため、通常通りの飲食店舗をつくると、大規模な浄化槽の改修が必要となり、数千万円に及ぶ費用がかさみます。1期工事でもその理由から、移設可能なキッチンカーを用意し、適法の中でできることを行ってきましたが、常設するには浄化槽を改修するか、別のアイデアが必要でした。

廃校の課題「コスト」

「やる気はあるけど、お金はない」が地方の実情です。今回の計画でもコストはデザインの方向を決定づける要因のひとつでした。いただいた予算は、備品を含めて税込約650万円。最小限の操作で多様な場づくりとフラッグシップとなりうる演出が求められました。そこで、既存の給排水設備を利用することを前提に、ずっと余白のままであった校舎北側の給食調理場(約115㎡)を計画場所に選定しました。

浄化槽の人槽計算では、場内のすべてを飲食店舗にすることは難しいですが、管轄保健所との協議の末、ショッピングモールのフードコートのようなテイクアウト形式を前提に、キッチン部分のみを飲食店舗として取り扱うことができました。結果として、給食調理場の中央に、ぽっかりと空間がのこりました。

また、コストの関係もあり、照明や備品を最小限にしたい、と考えていました。一般的に飲食施設の照明は「必要照度確保」「装飾」を目的として、明るく計画するのが定石です。この給食調理場は、北側に位置し、周囲の雑木林に囲まれて、すこし暗がりのなかにあります。もしかすると、トンネルの先に光る風景が明るいように、この薄暗さを利用して自然光を引き立てる照明計画がこの場所に適しているのでは、という思いが込みあげてきました。

2枚のプレート

そこで、おおきな家具のような空間のような存在を考えました。通常、テーブルやソファ、照明など多くの装飾備品によって彩られていくであろう中央のぽっかりと空いたスペースに、おおきな楕円状の床と天井(4.5m x 6.5m)を配置しました。その挿入された2枚のプレートは全身を真黒に覆い、天井高さは1850mmに抑えました。優しくそして黒くつつみこむ空間をつくるとともに、中央に向かって光を絞ることを狙いました。闇夜のような暗がりのプレートのあいだに立つと、光に近い外縁の先の風景は、過敏なほど明るく輝いてみえます。もし、光を知覚するものを照明と呼ぶのであれば、この2枚のプレートもまた照明でしょうか、周辺の自然光や風景が美しくかがやきだしました。

外縁はおおきな腰掛けともなり、その光や風景を向いて座ることができます。座卓が置かれた中央はすこし薄暗く、天井の低さと相まってグラデーショナルに伸びる光を背に浴びるでしょう。ここではテイクアウトの食事をしたり、寝転んで黒い天井を見上げたり、時にはライブイベントの会場となったり、夜間には灯火の中での読書会などが催されたりします。

床と天井のやわらかな境界が場を規定しながら、給食調理場というキャンバスを自由に上塗りする。この2枚のプレートもまた「パレット/palette」と名付けました。

いいかねpalette全体は手付かずな場所も多く、要所要所に運営していくなかでのDIYなど「素朴な改修」がなされています。ですが、この給食調理場はフラッグシップとなる非日常な演出を奏でたい一心でローコストながら「派手な改修」をしています。だからこそ、その境界となる入口も利用者に新鮮に映るように配慮しました。お金はなかったので建具工事にはできませんでしたが、大工さんと協力して、内部を後押ししてくれる躙口のようなドアを手作りしました。また、給食調理場の面影とシンクロするように、もともとあるおおきなフードの下につくったキッチンの腰壁には、薄手のステンレスを大工さんに貼っていただき、床と壁は蓄積された汚れや油にまみれていたので、すこし赤みがかったグレーを上塗りし、2枚のプレートの背景となるトーンマナーとしました。座卓の脚やコーヒーのソーサー、段差解消の踏石には、友人から譲り受けた、突板工場で廃材とされる丸太から切り出された余りの「フリッチ」の端部を用いています。フリッチは、ある家具コンペ(木材を使った家具のデザインコンペ2017「森の家具」参照)に応募したときに発見した端材です。突板の材料となるほどの濃密な木目と密度を呈していて、木材としての質も高い。にもかかわらず廃棄の末路を辿ります。これらは有志のワークショプで塗装し、空間に馴染むようにしました。

廃校の問題を題材に、ありのままの光や風景を美しくみせること。そして、光のために暗さを設計すること。そんなことを考えながら、わたしたちの地元につくったちょっと不思議な空間です。

I am interested in making light and scenery look as beautiful as they naturally are. Closed schools in Japan are often located in depopulated areas and face various challenges in their renovation. (Taxpayers spend as much as 3 million yen a year in maintenance costs alone.) In 2014, the “former school lunch kitchen” of the “Ikinane Palette,” an elementary school in Tagawa City, Fukuoka Prefecture, was converted into a multifunctional exchange facility, and two black plates were inserted as a result of designing for “attracting customers,” “septic tank,” and “cost,” which are issues in operating an abandoned school.

01_The margins of [Iikane Palette] are the foundation for the future

In 2014, a renovation of abandoned elementary schools in Tagawa, Fukuoka Prefecture, was undertaken to turn them into a multifunctional exchange facility based on music and lodging. The first phase of the project in 2016, which I was involved in designing, was funded by a government subsidy for local development and cost approximately 25 million yen, most of which was used for legal improvements and the required Most of the funds were allocated to the recording studio. The site was named “Iikane Palette” and became the foundation (palette) for the future of Tagawa.

02_Problems with the facility: Distance and attracting customers

Four years have passed since its opening, and the blank space has been used as an event space that takes advantage of the scale of the former school building, and has been used for music festivals, outdoor movies, and other versatile venues. However, it is located about 1.5 hours by car from Fukuoka City and Kitakyushu City, a distance that is “all the way here” and not convenient for public transportation. Although events can attract a large number of visitors, there needed to be more reasons for people to visit on a daily basis. Combined with the desire to increase the number of local residents, plans for a flagship restaurant facility were initiated.

03. Septic Tanks, an Issue for Closed Schools

About 80% of closed schools have septic tanks, and this facility is no exception. The septic tank installed at that time was very small for the size of the building, and the accommodation function installed in the first phase of construction had almost exhausted the septic tank capacity. However, since the human tank calculation for a restaurant is based on the “total floor area of the restaurant,” a large-scale renovation of the septic tank would be required if a normal restaurant were to be built, and the cost would run into tens of millions of yen. However, to make it permanent, an idea was needed.

04_ What can be done with 6.5 million yen.

Spinning Space and Fixtures On the other hand, in this project, cost was one of the factors that determined the direction of the design (the renovation cost, including fixtures, was approximately 6.5 million yen including tax), and the project required the creation of a diverse space with a minimum of operations and a staging that could become a flagship. A typical café is structured based on seating, and the interior design plan and fixtures are often separated. In order to minimize the cost of the two steps, space and fixtures, we thought it necessary to link the two together.

05_Use the space of the food service kitchen

Starting with the use of the existing septic tank water supply and drainage system, the school lunch kitchen (approx. 115 m2) on the north side of the school building, which had remained a blank space for a long time, was selected as the planning site. According to the septic tank’s human tank calculations, it would be difficult to convert the entire site into a restaurant. However, after discussions with the local health department, we were able to treat only the kitchen area as a restaurant, assuming a take-out style, similar to a food court in a shopping mall. As a result, a space was left in the center of the building.

06_Comfort of natural light against the dimness of the north side of the school building

Due to cost considerations, we wanted to make use of the existing rustic lighting. It is usual to plan bright artificial lighting for food and beverage facilities to “ensure the necessary illuminance” and for “interior design. Here, too, ideas were needed. The lunchroom is located in a slightly dark area surrounded by a wooded area. We thought that a lighting scheme that would take advantage of the dimness and enhance the natural light, like a light shining at the edge of darkness, would be appropriate for this location.

Therefore, we thought of a space like a large piece of furniture. In the empty space in the center, which would normally be decorated with tables, sofas, lights, and many other decorative fixtures, we placed a large elliptical floor and ceiling, and inserted two plates, which could be called foreign objects, covering the whole body in pitch black. Two plates, which could be called “foreign objects,” were inserted into the space, covering the whole body in pitch black, and the ceiling height was kept at 1,850 mm to create a space that gently envelops and focuses the light. Perhaps because we are between the plates, which are like a dark night, the edges of the plates that are close to the light are perceived to be hypersensitively bright. If we call the perception of light “illumination,” then this too is illumination, and I tried to make the surrounding natural light and scenery beautifully illuminate. The edge of the room serves as a large seating area, and visitors sit facing the light and scenery. The center of the room, where the tables are placed, is a little dimly lit, and the low ceiling combined with the gradational light will bathe the back of the room. This space is used for take-out meals, to lie down and look up at the black ceiling, to host live events, or to hold nighttime book readings by the light of the lamps. The soft boundary between the floor and ceiling defines the place, while the canvas of the lunchroom is freely painted over. I named this space “palette” as well, and aimed to make an ordinary landscape appear beautiful as it is, using “light” as a guide.

data

タイトル
light and dark/給食室
建主
株式会社BOOk
計画地
福岡県田川市
種別
内装
主要用途
舞台
規模構造
木造
延床面積
132.95㎡
施工
株式会社樋口建設
写真
YASHIRO PHOTO OFFICE
title
light and dark/lunch room
client
BOOk Inc.
site
Tagawa City, Fukuoka
type
intelior
program
stage
scale
wooden
floor area
132.95㎡
builders
Higuchi Construction Co.
photo
YASHIRO PHOTO OFFICE

side story

others

portfolio list