osage/高宮の美容室

hair design osage

interior renovation   2019

仕上げと装飾

夫婦で営むちいさな美容院の計画である。

福岡市中心部は人口増加に伴い、開業を始める店舗も中心部からすこしずつ範囲拡大し、広範囲に賑わいをみせ始めている。敷地は、福岡市南区高宮。中心から沿線沿いに3駅、駅前の好立地に建つ、昔ながらの4軒長屋の1区画。もともとは30年以上にわたり、スナックが街の賑わいに一役買っていた。改修費用も限られていたため、そのスナックをゆっくりと解体していきながら、設計を考えることとした。

大工の手で剥がされた仕上げの下、月日を帯びた鉄骨や木ずりは、偶然にも良好な状態で現れた。それら下地は、もともとそんな仕上げであったかのように、スナックだったころのタバコに燻らされ、ほんのりと燻製されたような趣であった。これはこの場所の風景の源であり、どこにもない風景をつくる手がかりである。

そこで、できる限りその下地を「仕上げ」として活きる手立てを考えた。加えて「装飾」とされるものたちも「仕上げ」と捉え直し、建築とインテリアの境界を曖昧にすることを考えた。下地/仕上げ/装飾の不必要な重複を避け、全てを等価に扱うことは、コストメリットにも繋がるし、この場所に相応しい手法に感じられた。

まず、おおきくヴォイドを開け、狭い店内に空間的な仕上げを設けた。そのヴォイドを縦断する壁はファブリック仕上げで覆いつくし、髪の毛を結うように束ねたり下ろしたりしながら、日々移ろう表情とした。ヴォイドの動線には、華奢なグレーチングの階段を挿入し、既存の鉄骨トラス梁が枝分かれした躯体下地のように製作した。床のPタイルは剥がしたまま後処理することなく、母のカットを待つ子どものキャンバスにでもなればいいねと、店主と決めた。美容鏡、点在する鉢や植物、照明も、仕上げと装飾のあいだを往来するように、できるかぎりもともとそこにあったかのようなものを選んだりつくったりした。

 

インテリアの計画においても、敷地環境を読み解き、テナントという原風景に対しての手続きを考えることが、この地で永く続いてゆくためのちいさな支えになると考えている。

 

 

osage HP

data

タイトル
osage/高宮の美容室
建主
個人
計画地
福岡市南区玉川町
種別
内装改修
主要用途
美容院
規模構造
鉄骨造2階建
延床面積
52㎡
施工
飯尾建設株式会社
協力
カーテン (fabricscape)
鉄骨階段 (福岡総建)
照明 (株式会社モデュレックス)
サイン (錆枝)
写真
イクマ サトシ
title
hair design osage
client
private
site
fukuoka city
type
intelior
program
hair salon
scale
steel structure 2F
floor area
52㎡
builders
iio construction company
partner
fabric (fabricscape)
steel stairs (fukuoka soken)
light (Modulex)
sign (sabie)
photo
satoshi ikuma

others

portfolio list